診療科のご案内

ピクト 循環器内科

診療担当表

 
午前 坂本 山治 早川 吉村 松浦 河原田
午後 奥根 吉村 山本/
第2・4週
(心外)
森崎

 

ドクター紹介

氏名 役職 専門医資格・所属学会など
吉村 隆喜 副院長 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会指導医
日本超音波医学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医
日本医師会認定産業医
身体障害者指定医(心臓機能障害)
山本 干城 部長 日本内科学会認定内科専門医・指導医・教育責任者
日本プライマリ・ケア学会認定医・指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医
日本脈管学会脈管専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
医学博士
身体障害者指定医(心臓機能障害)
河原田 修身 部長 日本循環器学会専門医、日本循環器学会近畿支部評議員
日本循環器学会特別正会員(FJCS)
日本内科学会総合内科専門医、内科認定医、指導医
日本脈管学会脈管専門医、日本脈管学会評議員
日本心血管インターベンション治療学会専門医認定医
日本心血管インターベンション治療学会専門医制度審議会委員、編集委員
日本下肢救済足病学会評議員

米国心血管インターベンション学会特別正会員(FSCAI)
Cardiovascular Intervention and Therapeutics 副編集長
Journal of Endovascular Therapy 編集委員
国立循環器病研究センター心臓血管内科 客員部長
医学博士
身体障害者指定医(心臓機能障害)
難病指定医
坂本 常守 部長 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
松浦 真宜 部長  日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医 

 

循環器内科へようこそ

当院循環器内科では救急疾患から慢性期疾患まで幅広く循環器疾患に対応し地域医療に貢献しています。また動脈硬化性疾患の診断やカテーテル治療、手足の潰瘍壊死への集学的治療、バージャー病の診断やカテーテル治療などでは国内外で高い評価を受けています。医学が目覚ましい進歩を遂げているなか、常に謙虚さを忘れることなく、心臓病や血管病を患っている患者さんに安全で質の高い医療を提供したいと考えています。そのために、患者さんに負担の少ないエコー、CT、MRIや血流測定機器、カテーテル検査を駆使し、心臓病や血管病を迅速かつ正確に診断できる体制を整えています。内科的治療を基本として、より積極的な治療が必要な場合にはカテーテル治療、またカテーテル治療が適さない場合には外科的治療を選択し、患者さん本位の診療を心がけています。

対象疾患

狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、不整脈、難治性高血圧などの心臓病と、手足の動脈や腎動脈などの動脈硬化、静脈疾患、リンパ浮腫など血管病を対象とします。

こんな症状には要注意!

診察室のご案内

このページのトップへ

特色(得意とする分野)

当科は日本循環器学会専門医6名、日本心血管インターベンション治療学会専門医2名、日本脈管学会専門医2名からなり、心臓病や血管病に対する専門的医療を行っています。

日帰り・1泊入院カテーテル

狭心症や閉塞性動脈硬化症など心臓血管病のカテーテル検査や治療は従来、数日から1週間程度の入院が必要でした。最近は豊富な診療経験や器具の進歩により、細いカテーテルを手や足の付け根の動脈から進めることでカテーテル検査や治療が日帰り・1泊入院で安全に行えるようになり当院でも患者さんの病状に応じて積極的に行っています。

治療前 ステント留置 治療後

右冠動脈の高度狭窄による不安定狭心症の方(矢印)。ステント治療により血流改善。


心筋梗塞の24時間救急対応

急性心筋梗塞は生命に危険が及ぶ病気であり、いつでも緊急カテーテル検査治療を行える体制をとっています。

治療前 治療後

左冠動脈前下行枝の閉塞による急性心筋梗塞の方(矢印)。緊急カテーテル治療により血流を再開。


心臓血管リハビリテーション

本邦では心臓血管リハビリテーションを行っている施設が少ないのが現状ですが、リハビリテーションによって心臓病や血管病患者さんの急性期の社会復帰、再発予防、生命予後や機能予後の改善が得られることが知られています。当科では外来や入院の患者さんの病状に応じて積極的に心臓血管リハビリテーションを行っています。

下肢閉塞性動脈硬化症への高度なカテーテル治療 

当院で行っているカテーテル治療手技は国内外で高い評価を得ています。豊富な治療経験をもとに、治療困難とされた病状の方に対してもカテーテル治療を行っています。
河原田医師の国立循環器病研究センター在職時の取り組みやアジア諸国の施設との交流がテレビ放映や新聞掲載されています。下記にてご参照ください。
医のココロ(毎日放送)
「閉塞性動脈硬化症 歩くと痛み 足の色に注意」(読売新聞)
「患者増える足の血管病 治療法改善 アジア結ぶ」(読売新聞)

治療前 治療後

左腸骨動脈閉塞により歩行時の足の痛みがある方。カテーテル治療により血流再開(矢印)。


治療前 治療後

左の膝下動脈の閉塞により難治性潰瘍のある方。カテーテル治療により血流再開し(矢印)、傷も完治。


バージャー病の診断とカテーテル治療

バージャー病に対するカテ―テル治療がアジアやヨーロッパの血管病センターで行われるようになってきています。河原田医師が国立循環器病研究センター在職時には本邦初のバージャー病に対するカテーテル治療に成功しており、これまでの治療実績を国際学会や論文に報告しています。このことから禁煙や内科的治療にも関わらず症状が改善しない場合にはカテーテル治療を考慮します。
河原田医師の国立循環器病研究センターでの取り組みが下記にて掲載されています。
https://www.sankei.com/life/news/140401/lif1404010027-n1.html

治療前 治療後

左大腿膝窩動脈の閉塞により難治性潰瘍のある方。カテーテル治療により血流改善し、傷は完治。


心不全や難治性高血圧への腎動脈カテーテル治療

腎動脈に対するカテーテル治療によって心不全や難治性高血圧が改善することを国内外に広く発信しています。腎動脈の適切なカテーテル治療法の普及に努めています。河原田医師のこれまでの取り組みが新聞掲載やラジオ放送されています。下記にてご参照ください。 
「詰まる腎動脈にカテーテル 腎機能回復 心不全も改善」(読売新聞)

ラジオ放送

治療前 ステント留置 治療後

左腎動脈に狭窄(矢印)により心不全発作を繰り返している方。ステント治療により血流改善し、心不全は改善。


静脈疾患やリンパ浮腫の専門的診療 

深部静脈血栓症や下肢静脈瘤などの静脈疾患、リンパ浮腫も四肢のむくみ、痛み、潰瘍などの原因となり患者さんにとっては大きな問題です。幅広い病状に応じて診断治療を行います。

フットセンターでの集学的治療 

足や手の潰瘍壊死、浮腫などの患者さんの治療や再発予防には、複数の専門科の医師やコメディカルからなる多職種がチームとなってケアを行うことが重要です。フットセンターでは各患者さんの病状を考慮しながら、カテーテル治療前後の傷のケアやリハビリなどを行っています。日本のこのような取り組みは海外でも高い評価を受けています。
フットケア大阪フットセンター開設しています。

河原田医師が行っているアジア各国の施設との積極的な交流が新聞掲載されています。下記にてご参照ください。
「血流改善と外科的治療を」(読売新聞)

心電図コンサルト

(平日)午前9時〜午後5時、(土曜日)午前9時〜午後1時の間、 FAX(06-6755-2406)での心電図コンサルトもお受けしております。また、緊急の入院相談については、地域医療連絡室にご連絡ください。

不整脈診断および治療

症候性徐脈性不整脈 ( 洞不全症候群・房室ブロック ) に対しては、永久ペースメーカー植 込術を行っております。また頻脈性不整脈(発作性上室性頻拍・心房粗動・特発性心室頻拍)に対しては薬物治療を行った上で、必要があれば心臓電気生理検査 (EPS )や根治療法 ( カテーテルアブレーション)も行っています。ただし、心房細動や他の難治性不整脈については、まず緊急を要するかを診断した上で、アブレーション治療が必要とした場合、それが可能な連携施設へ治療を依頼させていただきます。

ストレスエコー

労作性狭心症に対し、インターベンション治療が必要か否か決める目的で、積極的にストレス心エコーを行っています。狭心症が疑われる症例に対し、外来での非侵襲的検査が可能です。

経食道エコー

心房内血栓の有無、弁膜症等の心疾患の診断、心房中隔欠損症などの先天性心疾患の診断に非常に有用で、患者さまが希望されれば、静脈内麻酔下に実施しております。

このページのトップへ

主な検査・医療設備

トレッドミル運動負荷心電図
ホルター心電図(当院で自動解析、不整脈専門医による判読)
24時間血圧計
心エコー(経胸壁、経食道、負荷心エコー)
心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術(PTCA、STENT、DCA)
不整脈専門外来、心臓ペースメーカー植え込み

 

※循環器内科に通院中の患者さんへ
当院では、以下の日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)にて施行されている経皮的カテーテルインターベンション術(以下、PCI)をおこなった患者様の登録事業に協力しています。この登録事業は、PCI治療前後のカルテ情報から得られた情報を登録し、今後の治療を改善するために行っています。
データはNational Clinical Database (http://www.ncd.or.jp)に登録していきます。私たちは可能な限り皆様のご協力を得たいと思っております。ご質問がある場合、またはこの登録事業に「自分の情報を使ってほしくない」とお思いになりましたら、遠慮なく右資料に記載の担当者までご連絡ください。 資料

診察室のご案内