診療科のご案内

ピクト 循環器内科

診療担当表

 
午前 坂本 山治 藤本 吉村 松浦 河原田
午後 奥根 吉村 山本/
第2・4週
(心外)
森崎

 

ドクター紹介

氏名 役職 専門医資格・所属学会など
吉村 隆喜 副院長 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会指導医
日本超音波医学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医
日本医師会認定産業医
身体障害者指定医(心臓機能障害)
山本 干城 部長 日本内科学会認定内科専門医・指導医・教育責任者
日本プライマリ・ケア学会認定医・指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医
日本脈管学会脈管専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
医学博士
身体障害者指定医(心臓機能障害)
河原田 修身 部長 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本脈管学会脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
坂本 常守 部長 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
松浦 真宜 部長  日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医 
藤本 忠男  医員  日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医 

 

診療科の紹介(診療内容)

当循環器科では、救急から慢性期循環器疾患まで包括的治療を心がけています。当院でのカテーテル治療は全身の血管を対象とし、虚血性心疾患はもとより下肢動脈や腎動脈、鎖骨下動脈疾患などに対してインターベンション治療を行い、心不全および不整脈についても幅広く診断・治療を行っております。 心臓リハビリテーション治療も積極的に行い、栄養指導など予防医療にも力を入れています。

対象疾患

狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症、心膜疾患、難治性高血圧、などあらゆる心疾患と、下肢深部静脈血栓症、肺塞栓症、閉塞性動脈硬化症など循環器内科で治療可能な血管系の疾患を対象とします。大動脈解離や大動脈瘤など大動脈疾患や、外科的治療を必要とする急性下肢動脈閉塞などについては、診断後、近隣の連携している心臓血管外科へ素早く搬送を行っています。

このページのトップへ

特色(得意とする分野)

24時間救急対応

急性冠症候群が疑われる救急疾患については、緊急カテーテル検査・治療等の対応が 24 時間可能な体制をとっています。

心電図コンサルト

(平日)午前9時〜午後5時、(土曜日)午前9時〜午後1時の間、 FAX(06-6755-2406)での心電図コンサルトもお受けしております。また、緊急の入院相談については、地域医療連絡室にご連絡ください。

循環器地域連携を活用した体制

日常的な投薬・採血等以外の心エコーや 64 列 -MDCT 、心臓カテーテル検査は、当院にて実施させて頂きます。

64 列マルチスライス CT(64―MDCT)

優れた時間分解能・空間分解能により、冠動脈および大動脈病変を 3 次元的に表示することが可能となっています。冠動脈疾患及び大動脈疾患の評価はもちろん、カテーテル治療やバイパス術後のフォローアップ検査も低侵襲に行うことが可能となりました。

心臓カテーテル治療

心臓血管造影検査は橈骨動脈アプローチによる診断を多用しており、患者さまの負担軽減に努めています。橈骨動脈アプローチによる診断・治療を行うことで、検査・治療直後から歩行が可能です。また、大腿動脈アプローチによる治療が必要な場合でも、止血デバイスを使用し、患者さまの安静時間の短縮が可能です。

下肢動脈、鎖骨下動脈、腎動脈疾患

閉塞性動脈硬化症(腸骨動脈、大腿動脈、鎖骨下動脈)、腎血管性高血圧における腎動脈狭窄などの末梢動脈疾患に対してもカテーテル治療を行っています。 ABI や血管エコー、 64-MDCT 、 MR アンギオを活用し、低侵襲な診断・治療に心がけています。

不整脈診断および治療

症候性徐脈性不整脈 ( 洞不全症候群・房室ブロック ) に対しては、永久ペースメーカー植 込術を行っております。また頻脈性不整脈(発作性上室性頻拍・心房粗動・特発性心室頻拍)に対しては薬物治療を行った上で、必要があれば心臓電気生理検査 (EPS )や根治療法 ( カテーテルアブレーション)も行っています。ただし、心房細動や他の難治性不整脈については、まず緊急を要するかを診断した上で、アブレーション治療が必要とした場合、それが可能な連携施設へ治療を依頼させていただきます。

ストレスエコー

労作性狭心症に対し、インターベンション治療が必要か否か決める目的で、積極的にストレス心エコーを行っています。狭心症が疑われる症例に対し、外来での非侵襲的検査が可能です。

経食道エコー

心房内血栓の有無、弁膜症等の心疾患の診断、心房中隔欠損症などの先天性心疾患の診断に非常に有用で、患者さまが希望されれば、静脈内麻酔下に実施しております。

心臓リハビリテーション

近年、心臓リハビリテーションは急性期の社会復帰の役割から、再発予防や、生命予後改善に対する効果が重要視され、適応疾患も急性心筋梗塞、狭心症、慢性心不全、間欠性破行を有する末梢動脈閉塞疾患に広がっています。当院ではエルゴメーターによる心肺運動負荷試験を行い、呼気ガス分析から嫌気性代謝閾値 (AT )を測定し、それぞれの患者さまに合った運動処方を行っています。入院および外来の患者さまを対象に、心臓リハビリテーションを行っています。

このページのトップへ

主な検査・医療設備

トレッドミル運動負荷心電図
ホルター心電図(当院で自動解析、不整脈専門医による判読)
24時間血圧計
心エコー(経胸壁、経食道、負荷心エコー)
心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術(PTCA、STENT、DCA)
不整脈専門外来、心臓ペースメーカー植え込み

 

診療実績

処置・手術・検査 平成24年度 平成25年度
1 心臓カテーテル検査 165 134 
2 心臓カテーテル治療 68 71 
3 アブレーション 5 6
4 下大静脈フィルター留置術 6
5 下肢及び末梢動脈形成術 19 32
6 ペースメーカー埋め込み術 13 14 
7 ペースメーカー外来 136 149 

 

診察室のご案内