診療科のご案内

ピクト 外科、消化器外科、肛門外科、乳腺・内分泌外科

診療担当表

 
午前 西森 櫻井 中本 竹村 櫻井 当番医
午後 竹村 中本 西森 櫻井 中本

 

ドクター紹介

氏名 役職 専門医資格・所属学会など
西森 武雄 副院長 日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本外科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本乳癌学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本肝臓学会専門医
日本大腸肛門病学会指導医
日本大腸肛門病学会専門医
日本医師会認定産業医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
マンモグラフィ読影認定医
身体障害者指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)
身体障害者指定医(肝機能障害)
大阪市立大学医学部臨床教授
櫻井 康弘 主任部長 日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本外科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医療機構暫定教育医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
 竹村 哲  部長 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本内視鏡学外科学会
日本大腸肛門病学会
中本 健太郎 部長 日本外科学会専門医
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

このページのトップへ

診療科の紹介(診療内容)

外科は 4 人の常勤スタッフで診療を行っています。 全員、日本外科学会および日本消化器外科学会の専門医(2名は指導医)で、日本がん治療医認定機構の認定医(その内 2 人は教育医も兼ねています)です。その他の学会の指導医、専門医、教育医、認定医であるスタッフも多く、外科以外の知識も豊富です(ドクター紹介の欄をご覧ください)。

外科が対象とする疾患は、消化器系(食道、胃、小腸、結腸、直腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓)と内分泌系(主として乳腺、甲状腺)の病気、およびそけい部や臍部のヘルニアです。年間の手術件数は約 200 件で、それ以外には、内視鏡を使った胃瘻造設術は年間 50件 前後行っています。

生野区は高齢者の割合が多い地域です。高齢の患者さんは、心臓や肺の病気を持っていることが多いですが、当院の循環器内科や呼吸器内科と相談し治療を行うことにより、また常勤の麻酔科医が麻酔を担当してくれることにより、高齢の患者さんや合併症のある患者さんでも、手術が問題なく実施でき、術後も順調に経過することが多い状況です。

各疾患の治療に対しては、それぞれの疾患に対するガイドラインに基づいた治療(科学的根拠に基づいた治療: EBM )を行っていますが、週 1 回看護師、薬剤師、MSWなどとのカンファレンスも行い、他職種の意見も取り入れ、患者さんに対してより良い治療を行えるように心がけています。

がん医療の評価の指標としては、通常治療後(手術後)5年経過した時の生存率(5年生存率)が通常用いられています。2007年から2012年に手術を実施した胃がん、大腸がん(結腸がん、直腸がん)、乳がんの5年生存率を示してみますと、手術でがんが取りきれたと思われた“胃がん”“結腸がん”“直腸がん”“乳がん”で、他の病気でなくなられた人を除いた患者さまの 5 年生存率は、それぞれ 68.8 %、 72.9 %、 70.0 %、 90.6 %です。

手術以外にも、外科では、抗がん剤治療を積極的に行っています(週に約8人の患者さまに実施しています)。抗がん剤治療は、1)手術でがんが取りきれた場合でも抗がん剤を術後に使用することで再発を少なくするために実施するため、2)診断された時に肝臓や肺にがんの転移が見られ、手術でも取りきれなかった患者さんに対して抗がん剤治療を行うため、3)手術でがんが取りきれたにもかかわらず、その後に再発してきたがんを治療するため、に実施します。実際、手術を実施した時点で取りきれなかったため術後に抗がん剤を投与した患者さんの中で、結腸がんで2名、直腸がんで1名の患者さんにおいて、がんの進行が抑えられ、日常生活にも大きな支障が出ずに5年以上通院されていた患者さまを経験しています。がんに対する治療(手術療法、抗がん剤治療など)は、患者さまとよく相談し、治療方針を決定して行っています。

また、がんに対する緩和医療も行っています(外科の副院長は日本緩和医療学会の指導医)が、当院は急性期病院で入院日数などの制限があり、また、緩和ケア病棟がありませんので、全ての患者さまに提供できるとは限りません。しかし、がん緩和医療の認定看護師たちと緩和ケアチームをつくり、少しでも緩和ケアを必要とする患者さまに対応しています。

当科で実施している手術:消化管(食道、胃、小腸、大腸、肛門)および肝・胆・膵・脾、乳腺、甲状腺、副甲状腺、そけい・大腿・腹壁瘢痕ヘルニア、下肢静脈瘤、の手術

鏡視下手術

腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下結腸切除術、腹腔鏡下直腸手術、腹腔鏡下食道裂孔根治術、腹腔鏡下脾臓摘出術、腹腔鏡下そけいヘルニア根治術、胸腔鏡下気胸根治術

内視鏡視手術

食道静脈瘤硬化療法(EIS)および結紮術(EVL)、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、内視鏡的逆行性胆道ドレナージ術(ERBD、ENBD)、内視鏡的十二指腸乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的消化管ステント留置術(食道、胃、大腸)

その他

経皮経肝胆道ドレナージ術(PTBD)、経皮経肝胆道ステント挿入術、肝悪性腫瘍ラジオ波凝固療法(経皮的、腹腔鏡下、開腹下)、経皮経食道的胃管挿入術(PTEG)、腹水(胸水)濾過濃縮再静注法(CART)

専門医制度と連携したデータベース事業について

一般社団法人National Clinical Database (NCD)は、平成23年1月より、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトを行っています。当院の外科もそのプロジェクトに参加しています。
患者さんへ(PDFファイルにリンク)

 

診療実績

処置・手術・検査 平成28年度
1 胃・十二指腸 14 
2 小腸 3
3 虫垂 11 
4 結腸 26 
5 直腸 17 
6 肛門 29 
7 肝臓
8 胆嚢・胆管 36 
9 膵臓 0
10 ヘルニア 56 
11 乳房 26 
12
13 甲状腺・副甲状腺
14 内視鏡的胃瘻造設術 33 
15 下肢静脈瘤
16 副腎
17 その他

 

診察室のご案内