平成27年度 育和会記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 25 68 79 197 283 629 1063 988 320
当院に入院される患者様の主な年齢層は、50代~が多くなっております。また、若年層の患者様では、骨折などの外傷や尿路系結石などの治療も行っています。全体の65%が70歳以上の高齢者の患者様となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 139 19.58 14.34 2.16% 71.41 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 102 28.83 21.69 14.71% 83.25 -
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 24.61 14.38 0.00% 74.42 -
呼吸器内科では、慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支喘息・肺炎などの疾患に対し治療を行っています。肺炎(誤嚥性肺炎・細菌性肺炎など)の割合が多く、高齢の患者様が多くを占めているため、全国平均より在院日数が長い傾向となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 13.00 12.76 0.00% 59.06 -
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 副傷病なし 32 2.31 2.76 0.00% 63.28 -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 10.62 7.38 3.45% 63.93 -
消化器内科では、大腸・胃・肝臓 などの消化器系疾患に対し治療を行っています。各疾患に対し内視鏡治療もおこなっており、ポリープ切除治療は短期入院(一泊二日)にて対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 52 5.69 4.87 0.00% 70.48 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 33.56 21.69 10.00% 85.80 -
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 23.80 18.30 4.08% 82.53 -
循環器内科では、循環器疾患に対して救急疾患から慢性期疾患まで包括的な治療を行っております。カテーテル治療などの侵襲的な治療に加え、至適な内服療法・心臓リハビリテーションプログラムなどの包括的な治療により、疾患の再発予防・退院後の生活の質の向上に努めております。また、循環器内科かかりつけの場合は、なるべく外来主治医が入院後も治療にあたるようにしております、それにより肺炎の入院治療なども多いと考えられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050xx97x0xx 後腹膜疾患 手術・処置等2なし 18 12.11 16.54 0.00% 53.28 -
010069xx97x00x 脳卒中の続発症 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 5.28 13.48 58.82% 80.76 -
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 30.92 17.41 0.00% 75.08 -
当院では、消化器外科・乳腺外科がメインとなっており、がん治療や胆のう結石症について治療を行っています。大腸癌に対しては主に腹腔鏡下で手術を施行しています。また、脳疾患の後遺症のため、胃瘻造設や中心静脈栄養の為のカテーテル埋め込み術も短期入院にて対応しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 110 46.41 28.70 24.55% 84.14 -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 82 36.06 21.52 7.32% 78.37 -
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 18 23.28 17.55 0.00% 54.11 -
当院では整形外科での入院が多く、大部分の患者様が大腿骨骨折の手術のため入院しています。平均年齢も85歳程の高齢者が多くなっています。また、転倒・外傷等による腰椎・頸椎の骨折では保存的な治療を行っています。近隣に回復期リハビリを行う病院が少ない為、病状が安定すれば、当院の地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリ後に退院されます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 5.83 5.86 0.00% 34.08 -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 6.14 - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術・処置等2なし - - 3.54 - - -
形成外科では、顔面損傷(鼻骨骨折・顔面挫創など)を主に治療しています。10代の患者様もいるため平均年齢は比較的若くなっており、手術後早期に退院されています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 15.18 15.80 5.88% 72.29 -
010230xx99x00x てんかん 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 9.60 7.03 0.00% 62.90 -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 11.00 11.91 0.00% 82.60 -
脳梗塞でJCS(日本昏睡スケール)10未満の患者様が多くなっています。JCSは意識障害の分類法であり、数字が大きいほど意識状態が悪いことを表しています。当院では比較的意識状態のいい患者様が多く、薬物治療後、リハビリをして退院される方や、長期リハビリのため転院される患者様がいます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 48 7.54 5.91 0.00% 62.46 -
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 27 2.19 2.89 0.00% 51.69 -
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 21 15.00 12.60 0.00% 75.76 -
泌尿器科では、結石(膀胱、腎、尿管)がメインの疾患となっており、TULおよびESWL(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術)にて治療を行っています。入院期間も10日未満となっており、早期退院されています。また、前立腺癌、膀胱癌の治療も行っています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 23.00 21.69 14.44% 87.59 -
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 39 15.87 12.60 5.13% 70.08 -
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 36 18.00 15.35 0.00% 70.08 -
内科では、全身の各種疾患の治療を行っています。誤嚥性肺炎や尿路感染症は、高齢者の体力低下に伴って生じるものが多く、疾患の治療とともに、コメディカルと協力して退院後の療養環境の整備にも努めています。糖尿病に関しては血糖コントロールのための入院が多く、2、3週間ほどで退院しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 25 1 6
大腸癌 - - - - 17 44 1 6
乳癌 - - - - - - 1 6
肺癌 - - - - 10 - 1 6
肝癌 - - - - - 33 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
H28年よりがん登録が法制化され、病期分類が必須となりました。当院では、各部位別に外科的治療・内視鏡治療・化学療法を行っており、それぞれの初発の患者数合計は、胃癌 19件・大腸癌 35件・乳癌 15件・肺癌 13件・肝癌 4件となっております。表では件数が0~10件未満の場合”-”が表示されています。Stage Ⅰなど早期の消化器系がんについては内視鏡での治療も施行しています。Stage Ⅳなど転移がある場合、対症療法にて終末期医療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 37 10.84 57.59
重症度 1 48 16.69 77.48
重症度 2 33 21.79 82.45
重症度 3 18 23.61 86.22
重症度 4 - 11.00 79.00
重症度 5 - 25.00 80.00
不明 - 15.11 81.67
市中肺炎とは、普段の生活しているうちに感染した肺炎のことを言います。当院では軽度~中等度の患者様が多くなっています。重症度が高くなるにつれ在院日数が長く、平均年齢も高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 13 11.31 84.69 7.69%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 49 39.63 73.76 22.45%
その他 14 35.00 77.00 28.57%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の発症後3日以内に入院される患者様が多く、早期に治療を開始しています。症状安定後は、地域包括ケア病棟に転棟し、重点的にリハビリ訓練を行い、約一か月程度で退院します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 126 0.56 1.70 0.00% 65.63 -
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 38 0.26 1.00 0.00% 62.34 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 26 2.31 21.35 15.38% 75.69 -
内視鏡下での治療をメインに行っており、大腸・胃のポリープ、早期がんの切除を行っています。また3位の内視鏡的胆道ステント留置術では、胆道疾患に対して、内視鏡にてステントを留置し、閉塞を防ぐような処置を行います。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 55 2.49 6.18 3.64% 71.49 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 2.20 6.33 0.00% 71.73 -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - 0.00 25.78 0.00% 73.67 -
手術は主に、カテーテル治療という血管内治療を行っております。急性心筋梗塞などの救急疾患に対しても24時間緊急カテーテル治療が行える体制をとっております。カテーテル治療に対しては橈骨動脈アプローチや止血器具の使用などにより、なるべく低侵襲な治療を行うように努めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 32 0.84 4.28 0.00% 73.19 -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 27 0.56 9.00 59.26% 79.78 -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 19 1.95 5.05 0.00% 67.26 -
ヘルニア手術を多く行っており、開腹(クーゲル法)・腹腔鏡にて手術を施行しています。 入院期間も5~6日程度となっており、早期退院されています。脳疾患の後遺症のため、胃瘻造設や中心静脈栄養の為のカテーテル埋め込み術も短期入院にて施行しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)(上腕) 83 5.63 36.05 22.89% 82.25 -
K0811 人工骨頭挿入術(股)(肩) 53 5.81 40.72 16.98% 83.34 -
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨) 27 5.63 35.22 11.11% 68.48 -
手・足の骨折観血的手術をメインに施行しています。高齢患者様が多く、手術後は早期リハビリを行い、日常生活に不自由のないよう、支援しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 10 0.40 3.40 0.00% 29.30 -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 2.00 5.00 0.00% 78.57 -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)(肩)(上腕)(前腕) - 0.50 5.67 0.00% 60.67 -
事故、外傷による鼻骨骨折の患者様が多くなっています。平均年齢は他疾患より若く、入院日数も3、4日となっており、早期退院されています。また、この表には出てこないですが、皮膚の腫瘍などの小さいものであれば、入院はせず外来で日帰り手術を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 12 0.92 10.50 0.00% 82.50 -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 1.00 8.00 0.00% 81.00 -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 29.00 1.00 0.00% 74.00 -
慢性硬膜下血腫に対し、穿頭にて血腫の除去を行っています。平均年齢は若干高齢ですが、10日程度で退院されています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 39 0.97 11.15 5.13% 66.49 -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 35 1.74 5.46 0.00% 61.94 -
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 26 1.42 9.15 0.00% 75.35 -
泌尿器科では、腎盂腎炎や腎不全に対し、尿管ステントの留置を行っています。また尿路系結石(腎・膀胱・尿管)に対しTUL・ESWL等の治療を行っています。また、膀胱癌の経尿道的治療も行っており、術後も定期的なフォローをしています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 23 0.63%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.44%
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善すべきものとして、入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)との同一性の有無を区別して患者数と発生率を出しています。
更新履歴
2016-09-28
病院指標入力