健診・ドック

特定健診・特定保健指導のご案内

大阪市在住の方へ/大阪市民検診のご案内
全国健康保険加入者の方へ/生活習慣病予防健診のご案内
特定健診・特定保健指導のご案内

特定健康診査(特定健診)とは

平成20年4月より40歳〜74歳を対象にメタボリックシンドロームに着目した、「特定健康診査(特定健診)」とそれに伴う「特定保健指導」が始まりました。
今後の高齢化と、増加する生活習慣病患者による医療費を抑えるため、全国で基準を統一した健診内容になっています。
また、特定健診の結果で「特定保健指導」の対象者には保健師などによる生活習慣を見直すプログラムに参加していただくことになります。
これらは、医療保険者(国民健康保険や各種健康保険組合等)に実施を義務化されたものとなりました。

 

特定健康検査内容

必須項目
●問診・触診・聴打診 ●身体計測 ●腹囲測定 ●血圧測定 
●尿検査 ●血液脂質検査 ●血糖検査 ●肝機能検査
医師の判断による検査
●心電図検査 ●眼底検査 ●貧血検査

 

特定保険指導とは

特定健診受診後、健診結果を内臓脂肪蓄積の程度と心疾患等のリスク要因(高血圧・高血糖・脂質異常等)の数により階層化を行い、指導レベルを設定した上で、効果的・効率的に実施するシステムです。

階層化の方法

階層化の方法のイメージ

追加リスクのカウント

追加リスクのカウントのイメージ

※高血圧、高血糖、脂質代謝の異常に関して内服中の方は保健指導の対象とはなりません。
※65歳〜74歳の方は、積極的支援の対象となった場合も動機付け支援となります。

特定保健指導までの流れ特定保健指導までの流れ